Lonsdor K518ISEでLexus ES200スマートキー(キー全紛失)を作成する

LEXUS ES200はキー全紛失場合、Lonsdor K518ISEキープログラマーを使って新しいスマートキーをぷろぐらまーする:成功

OBDを経由でトヨタ/レクサスのスマートキー(キー全紛失)をプログラムするには、SKE-LTスマートキーエミュレータを購入する必要があります。

SKE-LT:スマートキーエミュレータ - OBD経由で失われたすべてのキー用のトヨタ/レクサススマートキー(オプション)

黒:SKE-LT-DST40(94 / D4) - 94 / D4スマートキーをサポート(オプション)

赤:SKE-LT-8A(88 / A8) - 88 / A8スマートキーをサポート(オプション)

グリーン:SKE-LT-DST80(98) - 98スマートキーをサポート(オプション)

青:SKE-LT-8A(A9) - A9スマートキーをサポート(オプション)

lonsdor-k518ise-emulator

手順:

ステップ1 EEPROMデータをバックアップ:

 

OBDソケット経由でK518ホストと車両を接続します。

Immobilization-> Toyota / Lexus-> ES200-> Backup EEPROMを選択します。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (1)

この機能は車のeepromデータをバックアップすることができます。

バックアップが完了したら、ネットワーク環境で「エミュレータキーを作成刷る」に進み、スペアオリジナルを作成します

予備の元のキーを使用してキーを追加します。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (2)

eeprom binファイルを保存します。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (3) Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (4)

eepromデータのバックアップが完成しました。

「エミュレータのキーを作成する」に移動します。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (5)

ステップ2エミュレータキーを作成する

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (6)

この機能は、すべてのキーが失われたときに予備のマスターキーを作成することができます。キーは元のマスターキーを置き換えて、ダッシュボードをオンにしてキーを追加します。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (7) Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (8) Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (9)

接続されたエミュレータキーをLonsdor K518キースロットに押し込み、丸ボタンを押します。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (10) Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (11)

キーをプログラミング、約5分お待ちください。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (12)

鍵生成が完了しました。

エミュレータのキーラウンドボタンを確認し、イグニッションを閉じます。ダッシュボードをオンにしてみて、ダッシュが正常にオンになっている場合は、元のキーの代わりにエミュレータキーを使用して、新しいキーを追加/プログラムしてください。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (13)

ステップ3スマートキーを追加する

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (14) Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (15)

生成されたエミュレータキーまたは作業元のキーを使用して、ダッシュボードがオンになるまでイグニッションスイッチを閉じます。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (16)

登録されたキー:1

プログラムする最大5つのキー

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (17)

登録されたキーの裏側をスタートボタンの近くに置き、ブザー音が鳴ったらキーを外します。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (18)

登録するキーを30秒以内にスタートボタンの近くに置きます。 ブザー音が鳴ったらキーを外します。

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (19)

登録されたキー:2

Lonsdor-K518ISE-Toyota-LEXUS-ES200-All-Key-Lost (20)

完了しました!

blog.jobdii.jp

 

Lonsdor K518ISEキープログラマーでマセラティ2016スマートキーをプログラマーする

ここでは、Lonsdor K518ISEキープログラマを使用してMaserati 2016スマートキーをプログラミングするためのガイドを紹介します。

 

参照

チップモデル:専用スマートカード

PINコード要件:オンボードコンピュータを解体して読み取ってPINコードを取得します(詳細については、「操作」を参照してください)

デバイスをプログラムする:Lonsdor K518英語版K518ISE

リモート生成:スマートキーのプログラムが完了し、リモートが自動的に生成されます

ステアリングホイールの下:

k518ise-Maserati-smart key-2016-8

SUV:Levante

k518ise-Maserati-smart key-2016-9

2016- Ghibli

k518ise-Maserati-smart key-2016-10

2016- Quattroporte

k518ise-Maserati-smart key-2016-11

専用スマートカード

k518ise-Maserati-smart key-2016-12

機能

1.immoデータをバックアップ:immoデータをバックアップするには「操作」を参照してください。その後、プログラムと削除キーを進めることができます。

2.スマートキーを追加する:スマートカードをプログラムする、キーを追加し、キー全紛は同じ操作;です。

3.スマートキーの削除:すべてのプログラムされたスマートカードを削除します。

操作

1.2016年 - Maserati(ジブリ、Quattroporte、SUV:Levante)は、PINコードを取得するために車載コンピュータ(ECU)データを解体して読み取る必要があります。

a.Levante ECUは自動車の後部カバートップにあります:

k518ise-Maserati-smart key-2016-1

1.GhibliとQuattroporteの車載コンピュータはリア・フロント・ガラスにあり、前者は後部座席から解体する必要があります(下記参照)。後者はトランクのオーディオ位置から解体する必要があります。その後、車載コンピュータを見えます。

k518ise-Maserati-smart key-2016-2

2.オンボードコンピュータの外観と8フィートチップ(95640)の解体/読み取り:

k518ise-Maserati-smart key-2016-3 k518ise-Maserati-smart key-2016-4

3.イモデータをバックアップ(下図参照)

a.Lonsdor K518ISEメインホストをKPROGアダプタに接続し、12V電源(K518ISE専用電源を使用する必要があります)を接続します。

b.「E-01ボード」に8フィートのチップ(95640)を溶接します。

c.メニューをクリックしてデータのバックアップを開始します。

d.データのバックアップが完了した後、オンチップのコンピュータにチップを戻して、うまくインストールしてください。

k518ise-Maserati-smart key-2016-5

注意:KPROGアダプタでデータを読み取ることができない場合は、プログラマを使用してデータを読み込んでK518ISE指定フォルダにコピーし、パス:K518→ファイル→feature_553

4.キーの追加/削除

a.システムプロンプトに従ってください。

注意:

1.削除されたスマートカードキーは、車両がプログラム操作を行うためにのみ使用できます。

2.赤丸で示すように、緊急フラッシャー(危険な警告灯)の位置:

k518ise-Maserati-smart key-2016-6

3.新しいマセラッティモデルの場合、ポールポジションの下部には以下に示すような「ノブ」があり、このノブのない車は2016年以前の古いシステムに属します。

k518ise-Maserati-smart key-2016-7

CN900miniトヨタGチップのトークンを再充電する方法

TJECU CN900miniトヨタGチップのトークン補充手続きを行う前に、公式サイトにログインしてシリアル番号と有効なデバイスでバインドする必要があります。

 

注:より多くの自動キープログラマについては、このウェブサイトをご覧ください:

http://www.jobdii.jp/wholesale/car-key-programmer/

手順:

1 cn900miniの公式サイトにログインし、「Personal Center」をクリックします。

Recharge TJECU CN900mini Toyota G Chip Token (1)

2私のアカウントで、「マイデバイス」をクリックしてください。

Recharge TJECU CN900mini Toyota G Chip Token (2)

3「新しいデバイスをバインドする」をクリックします。

Recharge TJECU CN900mini Toyota G Chip Token (3)

4機器モデル、シリアル番号、購入日および発言を記入します。

Recharge TJECU CN900mini Toyota G Chip Token (4)

5デバイスをバインドしたら、ホームページに戻って「製品リスト」を選択し、「デバイスのアクティブ化」をクリックしてください。

Recharge TJECU CN900mini Toyota G Chip Token (5)

6 「TOY-G Chip Recharge」をクリックして、カートに入れる、ショッピングカートを開き、購入商品を選択し、チェックアウトに進みます。

Recharge TJECU CN900mini Toyota G Chip Token (6)

7.受注先情報(受取人の住所、支払方法、速達が必要です)を記入してください。デバイスを選択するときは、バインドしたデバイスを選択し、チェックコードを記入してください。デバイスがまだバインドしない場合は、「デバイス管理」をクリックし、手順3と手順4に従って操作してください。

Recharge TJECU CN900mini Toyota G Chip Token (7)

jobdii.jp

CGDI Prog BMWを使ってF30 FEMキーをプログラムする方法

この記事はCGDI Prog BMW MSV80キープログラマーを使ってBMW F30 FEMシステムのキーのプログラミングに関するガイドです。

必要なデバイス:

CGDI Prog BMWキープログラマー

BMW F20 F30 F35 X5 X6 I3用のBMW FEM / BDCテストプラットフォーム

準備:

FEM / BDCモジュールを車両から分解する

手順:

BMW FEM / BDCテストプラットフォームとCGDI ProgとFEM / BDCモジュールを接続します。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-1 cgdi-prog-bmw-f30-fem-2 cgdi-prog-bmw-f30-fem-3

CGDI Prog BMWソフトウェアをオープンします。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-4

FEM / BDCキーマッチを選択します。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-5

現在のFEM BDCは、キーマッチングを実行する前にECUプログラムを更新する必要があります。車のバッテリーに十分な電源が供給されていることを確認してください。プログラミング中はケーブルの接続を外さないでください。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-6

FEM BDCを取り外し、CGDI Prog BMWプログラマーを使用してFEM / BDCコンピュータボードの95xxx EEPROMチップからデータを読み込んで保存し、「次へ」をクリックしてください。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-7

オリジナル車のEEPROMデータをお読みください。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-8 cgdi-prog-bmw-f30-fem-9 cgdi-prog-bmw-f30-fem-10 cgdi-prog-bmw-f30-fem-11

プログラマーでeepromデータを読み、例えば:Orange 5 eepromプログラマー、データを保存します。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-12 cgdi-prog-bmw-f30-fem-13

計算された新しいデータを95xxx eepromチップに書き込み、FEM BDCを車に戻します。

「次へ」をクリックします。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-14

「OK」をクリックしてM95128と入力します。

計算された新しいデータを95xxx eepromチップに書き込み、FEM BDCを車に戻します。

「次へ」をクリックします。

BMW FEM BDCテストプラットフォームを起動します。

黄色のインジケーターが点滅します。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-15cgdi-prog-bmw-f30-fem-16

コーディングがバックアップされています。

ECUがプログラムされています。

点滅を確認します。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-17cgdi-prog-bmw-f30-fem-18

BMW F30 FEMキーを成功にプログラマーしました。

cgdi-prog-bmw-f30-fem-19

JMD Handy BabyでボルボXC90 2013 ID48キーをコピーする方法

JMD handy babyキーコピー機でVolvo XC90 2013年版ID48チップキーを成功的にコピーしました。手順は次のとおりです:

jmd-handy-baby-volvo-xc90-1

キー情報:

オリジナルキー:5-button folding key

周波数:315MHz

チップタイプ:ID48チップ

コピー用のデバイス:JMD Handy babyキープログラマー

手順:

JMD Handy babyは、元のキーチップを識別して共通のID48チップです。

Handy babyのコイルにオリジナルの鍵を置きます。

OKボタンを押してデコードします。

jmd-handy-baby-volvo-xc90-2 jmd-handy-baby-volvo-xc90-3

Handy babyキープログラマーは、4桁のID48デコードコードを入力して続行するように求めます。デコードコードを取得するには、JMD工場にHandy Babyシリアル番号を入力してください。

OKを押してデコードします。

jmd-handy-baby-volvo-xc90-4

オリジナルのキーをコイルに挿入し、キーをねじってキーデータを収集します。

jmd-handy-baby-volvo-xc90-5

キーデータの成功を集めます。元のキーをコイルに入れてデコードします。

jmd-handy-baby-volvo-xc90-6

注:ID48チップのデコードは、ノートパソコン、コンピュータ、バッテリー、その他のチップから離してください。Handy babyのバッテリーが完全に充電されていることを確認してください。デコード処理中にキーを抜かないでください。

3〜20分間お待ちください。

jmd-handy-baby-volvo-xc90-7 jmd-handy-baby-volvo-xc90-8

デコードしています...

jmd-handy-baby-volvo-xc90-9

ID48チップを成功にデコードします。JMD ID48特殊チップをコイルに挿入し、OKを押してコピーします。

jmd-handy-baby-volvo-xc90-10

最初のキーチップを成功にコピーします。次のJMD Handy babyチップをコイルに入れ、OKを押して次のキーをコピーします。

完了しました。

blog.jobdii.jp

jobdii.jp

BMW E90 320i 3シリーズ スマートキー スペア

この記事は横浜鍵屋さんからのシェアです。

今回は、2006y BMW E90 320iのスペアキー作成

というか、施錠できるキーの作成依頼です。

伺うと、下のキーだけありました。

左が、BMWでいうところのサブキー的なキーで、右がドアを施開錠できる収納されるプラスチックのキーです。(折れちゃってますが…。)



この状態から、リモコンも効く、ごく一般的なスマートキーの作成作業です。



あれこれやって


リモコンOK エンジン始動OKのスマートキーが完成です。

当然ですが、エマージェンシー用の金属キー部分もカット済です。


全くキーが無い状態からでも出来ますが

スペアキー作成であれば、概ね1時間ほど頂ければ、全て完了します。

当店をご利用いただきありがとうございました。


BMW専門診断機
jobdii.jp  

CGDI Prog MB W166 W211 A166キー全紛失(マニュアル)

どのようにCGDI Prog MBキープログラマーでMercedesのキー全紛失をプログラマーしますか? CGDI Prog MBのマニュアルはここにあります。

 

CGDI Prog MB W166キー全紛失

ロック(EIS)を選択します。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(1)

EISデータの読み取りをクリックします。

「パスワードを計算する」を選択します。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(2)

キーなしでキーをコピーを選択します。

「データを収集する」をクリックします。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(3)

データを収集する準備をします。動かないで下さい:

1.ロックデータを読み込むのを待っています。

2.シミュレーションキーをロックに挿入します。

3.それを収集し始めるには長い時間がかかります。CGDI-MBデバイスを切断しないでください。

4.コレクションが完了しました。データを保存し、次に「データを更新する」をクリックします。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(4)

CGDI-MBソフトウェア命令に従います。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(5)

データを収集します。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(6) CGDI-MB-W166-all-key-lost-(7)

データの取得は成功。データを保存します。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(8)

データを更新します。

保存したばかりのデータをオープンします。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(9)

データを成功的に更新しました。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(10)

パスワードを聞きます。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(11)

クエリ終了

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(12)

パスワードを表示して、コピーをします。

「Enter」を選択します。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(13)

パスワードを貼付けます。

CGDI-MB-W166-all-key-lost-(14)

Mercedes W211、A166はW166と同じ方法です。