読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JMD AssistantとHandy Babyを使用してVW Polo 2012キー全紛失をプログラム

ハンディーベビーキープログラマーと連携して、JMDアシスタントOBDアダプターはVW ID48チップをコピーできます。 ここでは、Handy babyとJMD Assistant OBDを使用してVW Polo 2012 4th immoがキー全紛失の場合、キーをプログラミングの例を示します。

手順:

キーチップをイグニッションキーに固定します。

イグニッションをONにします。

jmd-assistant-vw-polo-2012-1 jmd-assistant-vw-polo-2012-2

JMDアシスタントOBDアダプタをOBDコネクタに差し込みます。

jmd-assistant-vw-polo-2012-3

JMDアシスタントが車両キーデータを読み込みます。

ハンディーベイビーOBDアダプタのプラグを抜きます。

Handy babyキーコピー機にJMDアシスタントを入れます。

jmd-assistant-vw-polo-2012-4

ハンディーベイビープロンプトに従います。

handy babyにJMD専門ID48チップを入れます。

jmd-assistant-vw-polo-2012-5

チップをコピー中

イグニッションキーを取り外します。

コピーしたキーチップをイグニッションキーに貼り付け、イグニッションをオンにします。

jmd-assistant-vw-polo-2012-6

インジケータライトをオンにします。

VW Polo 2012 4th IMMO(キー全紛失)をプログラムするのは成功です。

jmd-assistant-vw-polo-2012-7