読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tangoキープログラマーを使ってDSTトランスポンダをクローニング

オリジナルのTangoキープログラマを使用してDSTトランスポンダをクローニングする方法のチュートリアルです。

注意:この記事は教育目的にのみ使用されています。オリジナルのウェブサイトscorpio-lkの指示も確認できます。

現在、トヨタとヤマハのキーのみがサポートされています。詳細については、トヨタのサポートされているキーには、次のセットから1番目のページがあります。

X0

X2

X3

X4 *

X4 * ‐ヨーロッパ市場のみサポート

Tangoを通じてDSTトランスポンダのクローニング:

クローンモードを実行して適切なメニュー項目を選択します。

tango-clone-DST-1

次の画面が表示されます:

tango-clone-DST-2

元のキーをタンゴに置き、[元のキーを読む]ボタンをクリックします。

tango-clone-DST-3

TIRIS DSTまたはDST +トランスポンダが「Decode Transponde」ボタンを検出すると、次のように表示されます。

tango-clone-DST-4

「デコードトランスポンダ」ボタンをクリックします。タンゴ ソフトウェアはトランスポンダのデコードを促します:

tango-clone-DST-5

Tangoトランスポンダプログラマはデコードプロセスを実行します:

tango-clone-DST-6

デコードが正常に終了すると、「Write Clone」ボタンが表示されます:

tango-clone-DST-7