Tangoキープロラマーでキーを作成する方法

Tangoプログラマーはトランスポンダプログラマの新世代です。これは最新の車両イモビライザ技術で使用されている最新のトランスポンダをカバー、読み取り、書き込み、生成するために開発されました。

sk80-tango-key-programmer-with-basic-software-b-2

どのようにTangoキープロラマーを使ってキーを作成しますか?次の手順に示すように:

まず、車両に応じてキーメーカーインターフェイスを実行し、「情報」ウィンドウで情報を読み取ります。「Data location」フィールドでメモリチップについて説明を読みます。イモビライザーの内部のチップを見つけてそれを読みます。読み取りデータ(ダンプ)を保存します。

「OPEN IMMOBILIZER FILE」ボタンをクリックし、保存されたダンプを読み込みます。

プログラムはダンプを解析します。

ダンプが正しければ「WRITE」ボタンがアクティブになり、「Keys」ウィンドウには作成可能なキー番号の範囲が表示されます。

「Info」ウィンドウ、[Allowed transponder]フィールドを見ます。

指定されたタイプのトランスポンダを使用します。

トランスポンダをコイルの中に置きます。

「キー」ウィンドウで作成するキーの位置を選択します。

「書き込み」ボタンをクリックします。

これにより、書き込みプロセスが開始され、トランスポンダに適切なデータが保存されます。

この時点で、新しいイモビライザーダンプを保存するよう求められます。

プログラムは標準的なファイル保存ダイアログを表示し、データを保存する必要があります。

その後、新しいデータが保存されたことが通知され、イモビライザーに書き込まなければなりません。

tango

新しいダンプをイモビライザーに書き込みます。これで、作成したトランスポンダで操作できました。

新しいファイルを保存するように頼まれていない場合は、イモビライザーがファイルの交換なしに作成したトランスポンダーで操作できる状態になっていることを意味します。

Tangoキープロラマーを使用してキーを作成しました!

http://www.jobdii.jp