JMD Handy BabyでToyota Camry 2009 4Cチップキー全紛失を作成する

今回は、JMD Handy Babyコピーマシンによってトヨタカムリ2009 4Cチップキー全紛失をプログラミングするについてのガイドを紹介します。

 

このチュートリアルは、中国の鍵屋さんによって提供されました。

 

ステップ1EEPROMデータを読み込む

ECUを分解します。

handy-baby-Toyota-Camry-1 handy-baby-Toyota-Camry-2

イモを開き、CPUチップ93C56を見つけます。

handy-baby-Toyota-Camry-3 handy-baby-Toyota-Camry-4

Xhorse VVDI Progでチップ93C56 EEPROMデータを読み取り、データをビン形式で保存します。

handy-baby-Toyota-Camry-5

ステップ2:キーをプログラムする

ノートパソコンとJMDハンディベビーキープログラマーを接続します。

JMD Client PCソフトウェアをオープンします。

キーメーカーを選択 - >地域を選択:アジア

handy-baby-Toyota-Camry-6

handy-baby-Toyota-Camry-7

トヨタ→カムリ→EEPROMタイプ93C56を選択します。

handy-baby-Toyota-Camry-8

データの更新をクリックし、保存したばかりの93C56 eepromデータをアップロードします。

handy-baby-Toyota-Camry-9

ハンディベビーが4つキーのIDを表示します。すべてのキーが失われたので、キーをプログラムするためのキーIDの位置を選択します。 ここでキーポジション4を選択します。

handy-baby-Toyota-Camry-10

ハンディベビーのコイルに4Cチップを置きます。

「キーを生成」をクリックします。

handy-baby-Toyota-Camry-11

成功です。車を起動するためにeepromを書き直す必要があります。

handy-baby-Toyota-Camry-12

新しい書き換えデータをビンファイルで保存します。

 

ステップ3eepromデータを書き換える

VVDI Progソフトウェアをオープンします。

「オープン」をクリックします。

書き換えデータファイルをアップロードします。

handy-baby-Toyota-Camry-13 handy-baby-Toyota-Camry-14

「書き込み」タブをクリックします。

handy-baby-Toyota-Camry-15

データを正常に書き直しました。

handy-baby-Toyota-Camry-16

CPUチップを再インストールし、ECUを車にインストールします。

キープログラミングのは成功です。

4Cチップキーで車両を始動してください。

jobdii.jp