TangoキープログラマーでLexus GS 450hスマートキー全紛失を作成する

この記事は、OBD 経由でTangoキープログラマとエミュレータを使用して、Lexus GS 450hにスマートキー(キー全紛失)をプログラムするガイドです。

必要するデバイス:

Tangoキープログラマ

Scorpio-LK Emulators SLK-03 for Tango with Authorization

tango-slk-03-emulator

プログラムされるスマートキー

 

手順:

OBDソケット経由でTangoプログラマと車両を接続します。

TangoにSLK-03エミュレータを挿入します。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-0

ラップトップを開いてTango.exeを起動します。

トランスポンダのアイコンをクリックし、エミュレータを読んでください。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-1

TangoPlusソフトウェアタブ - >トヨタを選択します。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-2

「車に接続」をクリックします。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-3

接続OK

「車からデータを読み込む」を選択します。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-4

EEPROMを読んでいます...

tango-lexus-450h-all-keys-lost-5

eeprom binファイルを保存します。

鍵88が検出された。SLK-03トランスポンダを使用してください。

キーの位置を選択します。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-6

「Write emulator」をクリックします。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-7

SLK-03トランポンダーを指定します。

エミュレータが準備完了です。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-8

スタートボタンにSLK-03エミュレータを接続します。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-9

ダッシュボードがオンになります。

tango-lexus-450h-all-keys-lost-10

スタートボタンを1回押し、SLK-03エミュレータをスタートボタンに再度取り付けます。

Immoインジケーターが点滅します。

タンゴキープログラマはレクサスGS 450hのスマートキー(キー全紛失)を成功的に作成しました。

新しいキーをテストします。