OBDSTAR X300 DPでAudi Q5 2011スマートリモートキーをプログラマーする

この記事はOBDを介してOBDSTAR X300 DPとRFIDアダプタを使用して、Audi Q5 2011年第5回イモビライザシステムにスマートリモートキーをプログラミングする方法です。

obdstar-x300-dp-audi-q5-1

必要なデバイス:

OBDSTAR X300 DP(キーマスターDP)フルバージョン

VCIインターフェイス(フルパッケージに含まれています)

OBDSTAR RFIDアダプター(別売)

1ワーキングキーと新しいキー

obdstar-x300-dp-audi-q5-2 obdstar-x300-dp-audi-q5-3

手順:

obdstar-x300-dp-audi-q5-4

VCIとRFIDアダプタおよび車両を接続します。

obdstar-x300-dp-audi-q5-5

診断プログラム - >イモビライザー - > VW / Audi / Skoda / Seat-> Audi->プログラムキーを選択します。

obdstar-x300-dp-audi-q5-6 obdstar-x300-dp-audi-q5-7

5世代immo-> A4L / A5 / Q5を選択します。

obdstar-x300-dp-audi-q5-8

「データを読む」を選択します。

プログラムされたリモートでイグニッションスイッチをONにします。

コミュニケーション

immoデータを読み込みます。

obdstar-x300-dp-audi-q5-9

immoデータを保存します。

「インモ情報を表示」を選択します。

「Audi Q5保存ファイル」を選択します。

obdstar-x300-dp-audi-q5-10 obdstar-x300-dp-audi-q5-11

OBDSTAR X300 DPは車両イモデータ、VIN、CS、PINコード、キー番号など情報を表示します。

ディーラーキーを選択します。

obdstar-x300-dp-audi-q5-12

RFIDアダプターに新しい鍵を入れます。

obdstar-x300-dp-audi-q5-13

X300 DPが「RFIDへの接続に失敗しました」というエラーを表示したら、

ディーラーのキーを作る前にRFIDを更新する必要があります。

RFIDアダプターのファームウェアを更新する方法

イモ選択メニューに移動します。

obdstar-x300-dp-audi-q5-14

「RFIDアップデート」を選択します。

ファームウェアの更新

obdstar-x300-dp-audi-q5-15

ファームウェアが更新終了し、RFIDのインジケータが緑色に変わります。

ディーラーキーを選択します。

保存したファイルを選択します。

RFIDに新しい鍵を入れます。

キーにデータを書き込みます。

書くのは成功です。

 

プログラムキーを選択 - > Audi Q5保存ファイルを開きます。

 

車で認識された後、キーはロックされ、ロック解除できません。

続行するにはYESを押してください。

obdstar-x300-dp-audi-q5-16

キー番号を入力:2

イグニッションをオンにし、Enterキーを押して進んでください。

obdstar-x300-dp-audi-q5-17

最初のキーを挿入して、オンにします。

obdstar-x300-dp-audi-q5-18

キー番号1/2は既にプログラムされています。

2番目の新しいキーを挿入し、スマートシステムの点火をオンにします。

obdstar-x300-dp-audi-q5-19

キー番号2/2は既にプログラムされました。

obdstar-x300-dp-audi-q5-20

キーの認識が成功です。

キーの学習が完了です。

すべてのキーを起動してみてください。

Obdstar tool