Auro OtoSys IM100 / IM600でVW Jetta 2014キーをプログラミングする方法

OBDを介してAuro OtoSys IM100 / IM600タブレットキープログラマを使用して、元のキーをKeylessGo 48トランスポンダにクローンし、2014 Volkswagen VW Jetta第4世代イモビライザNEC24C64にキーを追加します。

 

パート1:車両データをバックアップ

 

操作前にeepromとimmoデータのバックアップします。

IM100 / IM600とUP200プログラミングアダプターをOBD診断ソケットを介して車両と接続します。

IMMO - > VW - >スマートモードを選択します。

車の情報を読みます。

「車両データをバックアップ」を選択します。

機器は黒い画面が表示されて、これは通常の現象です。データの読み込みが成功すると自動的にリセットされます。

IM100はEEPROMを読み取り、次にIMMOデータを読み取ります。

NEC24C64 eepromとimmoデータをbin形式で保存します。

パート2KeylessGo48トランスポンダをクローンする

 

OtoSys IM100を使用してKeylessGo 48Wトランスポンダに元の鍵をクローンしました(これはIM600でも動作します)。

VW->スマートモードを選択します。

車両情報を読み、イモタイプを分析する:Megamos 48キー、#31キーブランク

Auro IM100は現在の鍵数を読み込みます。

「Copy Megamos 48 key」を選択します。

ID48キーをクローニングする手順

 

ステップ1. Immoデータを読む

空のキーは複製されたキーでなければなりません(IDは変更可能です)

スタートキーを差し込み、イグニッションスイッチをONにします。

完了までイモデータを読み込みます。

ステップ2.キーIDの読み取りと書き込み。

ドロップダウンリストから車両に既に存在するキーIDを選択してコピー操作を実行します。

空白のキー/キーチップをプログラマのキーホールに置き、OKを押します.

キーIDを書き込みました。

ステップ3ディーラーキーを作成する

キーをクローニングするのは成功でした。

パート3:キーを追加する

既存のキーを削除せずにIM100 / IM600を使用して2014 Jettaにキーを追加します。

キー追加を選択します。

車両にkessyがある場合:

キー追加機能を使用した後、キーのリモートスタート機能が失敗することがあります。

車を始動させたい場合はキーを誘導エリアの近くに押しておく必要があります。

キーを追加する手順:

ステップ1Immoデータを読み込みます。

ステップ2ディーラーキーを作成する

空のキーをUP200アダプタのキー穴に挿入します。

ディーラーのキーを作成します。

ステップ3車両にキーを追加する

次のオペレーションは、楽器データを変更します。

進行中のプロセスは中断されない、そうでなければ、装置に損傷を与える可能性があります。

キーを追加しました。

今あなたは車に4つのキーがあります。

新しいキーをテストして車を始動してください。

 

*注:IM600が必要な場合は、jobdii.jpのカスタマーサービスまでご連絡ください。

E-Mail:sales@jobdii.jp

Skype:jobdii.jp