SEC-E9キーカッターと Lishi 2 in 1ツールでTOY43キーを作成する

今回はSEC-E9キー切断機Lishi 2 in 1セットでトヨタTOY43キーをプログラミングする方法を紹介します。

Lishi 2 in 1ロックスツールツールを使用してロックを選びます。

トヨタTOY43ドアロック:8ブレード、イグニッションロック:10ブレード、

 

「データ検索」 - 「キーブランク検索」- 「手動入力」

Lishiツールでデコードされたキーコードを入力します。

左の位置3から開始します。

表示されているように、SEC-E9クランプの助けを借りてキーを修正します。

「中速」と「3端位置決め」を選択します。

キーを切断する前にランプとカッターをきれいにします。

キーが正常に切断されました。

キーを削除します。

再びクランプを清掃します。

欠け歯のクエリ - イグニッションロックの特定の歯の深さを見つける:

最初の2桁を空にして、既知の8桁の数字を入力し、「Query」をクリックします。

検出された歯の番号から1つずつ試します。

イグニッションロックをオンにして、リモコンをマッチングさせます。

完了しました。

http://www.jobdii.jp/