KD-X2 KEYDIYで日産リモートを生成およびID46チップをコピー

ここでは、KD-X2 KEYDIYリモコンを使用してリモートを生成し、チップをコピーする方法を示したいと思います。日産グランドリヴィナを例に取ります。

キーツール:KD-X2 KEYDIYジェネレータ

出典:http://www.jobdii.jp/wholesale/keydiy-kd-x2-remote-maker.html

車:日産グランドリヴィナ

手順:

ステップ1KD-X2 KEYDIYでリモートを生成します。

電源をオンにします。

リモート周波数をテストします。

チップ、マシンを車に接続します。

電話でKEYDIYアプリケーションを実行します。

免責条項を受け入れます。

リモート機能に移動します。

リモート検索を実行してリモートを生成します。

最初にリモートを自動的に検索します。

手動で検索します。

ステップ2KD-X2 KEYDIYが日産ID46チップをコピーするします。

チップ機能に移動します。

トランスポンダをコイルに入れます。

トランスポンダを検出する:

46チップ

ID:FAFDD41E

モードマンチェスターを暗号化します。

ロックされた日産

コピー可能

解読が成功したら、コピー可能なKD NBリモコンまたは他の46チップ(有線コピーを使用している間はNBリモコンをよく接続してください)に入れてから、コピーボタンを押してください。

生成中...

ID46チップが正常にコピーされ増した。

それが動作しているかどうかをテストするためにチップをリモートシェルに入れてください。

テスト済みの問題なし

仕事はしました!

 

ピッキング ツール