Lonsdor K518を使ってJeep Grand Cherokee 2015 2017のスマートキーを作成する方法

Lonsdor K518を使用して2015ジープグランドチェロキーのスマートキープログラミングは間違いなくOKです。eepromを読んで、ピンコードを計算することがOKです。

 

このポストは、Lonsdor K518を使ってJeep Grand Cherokee 2015スマートキーを作成することに関する手順を紹介します。

 

キーのロック解除ボタンを3回押して、動作しているかどうかをテストします。

Lonsdor K518ISEを車のOBDポートに差し込みます。

「スタート/ストップ」ボタンを押します。

Lonsdor K518ISEの「固定化」を選択します。

「ジープ」を選択します。

グランドチェロキー

2014 -

PINコードを読みます。

IMMOデータ(OBD)を読みます。

画面上の指示に従ってください。

[OK]をクリックします。

データの読み込み中...

保存するファイルの名前を入力してください。

バックアップが成功でした。

戻って「IMMOデータを読み込み、PINコードを読み込む」を選択します。

本体コンピュータのEEPROMデータをホストに読み込んでください......

ファイルを選択します。

ピンコードが読み出されます。

戻って「Type 2(Can)」を選択します。

スマートキーを追加します。

イグニッションをオフにして、警告灯をオンにします。

ピンコードを確認します。

30秒以内にボタンをスタートするようにプログラムするキーを閉じ、ロック解除ボタンを1回押します。

プログラミングが完了しました。

"Unlock"、 "Lock"、 "Unlock"ボタンを押してキーをテストし、キーが機能します。

 

もう1つのスマートキーを追加する:

「キーを追加」を選択して、画面の指示「イグニッションをオフにして警告灯をオフにする」に従います。

もう1つのキーを正常に追加するには、上記の手順を繰り返します。

 

Lonsdor K518ISE