Xtool X100/Lonsdor K518でCitroen C3 Picasso 2013リモートキーをプログラムする

シトロエンC3ピカソ2013のピンコードとリモートプログラミングのガイドです。

 

ツールに必要なもの:

作業リモートキー

Keydiy universal remote key

キープログラマー(私はLonsdor K518ISEとXtool X100 PAD2を持っています)

 

まずXtool X100 Pad2で試してみます。

 

X100パッド2を車両に接続します。

IMMO機能を選択 - >シトロエン - >ピンコードを読みます。

3つのオプションしかありません。

タイプ1を選択します。

プログラムされたキーで点火をオンにします。

点火を止めます。

X100パッド2は点火のオン/オフを求め続け、最後にピンコードの読み取りに失敗しました。

 

だから私はLonsdor K518iseを使ってピンコードを読みます。

イグニッションスイッチをオンにします。

シトロエン - >ピンコードを読むを選択します。

Lonsdorには4つのオプションがあり、タイプ1を選択します。

点火を止め、キーを挿入しません。

点火をオンにします。

点火を止めます。

点火をオンにします。

点火を止めます。

ピンコードを成功に読みます。

プログラミングを始めます。

シトロエン - >車両から選択 - > C4-> Immobilizer-> Type 1->プログラムキーを選びます。

イグニッションをオンにします。

Lonsdor K518は車両情報VIN、PSA番号などを読み取ります。

アクセスするにはピンコードを自動入力します。

15秒以内にスイッチを切って点火します。

キーのプログラムが完了し、次のキーをプログラムします。

イグニッションをオフに切り替え、新しいキーを交換し、15秒以内にイグニッションをオンにします。

第2のキーをプログラムするのは成功でした。

 

リモートコントロールをプログラムする手順

1.イグニッションをオフにし、キーを取り外します。

2.キーを挿入して点火をオンにします。

  1. 10秒間リモコンのいずれかのボタンを押してから20秒以内に放します。

4.イグニッションをオフにし、キーを取り外します。

リモートコントロールをテストします。

成功でした。

jobdii.jp