YanhuaミニACDPでポルシェBCM 1N35Hにキーを追加する方法

Yanhua Mini ACDPは新しいPorscheモジュールを発表した-より新しいPorsche 2010年のBCMキープログラミングをサポートします(キー追加とキー全紛失)。はんだ付けは不要です。コンポーネントを削除しません。データバックアップとキーリフレッシュ機能により、BCMモジュールに損傷を与える危険はありません。

以下はポルシェBCM 1N35Hに新しいキーを追加するガイドです(BCM 1L15Y、5M48H、2M25Jにも同様の手順があります)。

 

手順1:接続を作成する

操作の前にACDP Android / iOSモバイルアプリをダウンロードし、ポルシェ認定を開けておく必要があります。

ACDPデバイス、OBP + ICPアダプタ、BCMインタフェースボード、BCMモジュールを接続します。

BCMモジュールの水晶発振器パッケージを確認してください:

EXT1 short-circuitedはセラミックの水晶発振器に使用され; EXT2 short-circuitedは金属充填水晶発振器に使用されます。

ステップ2PFLASHデータを読み込む

ACDPアプリケーションを開きます。

ポルシェ機能- >新しいポルシェのキーを追加 - > ICP IMMO - > MC9S12XEP100(マスク1N35H) - >キーを追加(自動モード)を選択します。

注:ACDPはポルシェBCM 1L15Y、5M48H、1N35Hおよび2M25Jのキーをプログラムします。

正常に接続されていることを確認するためにPIN検出ステータスを確認してください。

BCMモジュールチップが暗号化されている場合は「はい」を押します。

チップデータが暗号化します。

PFLASHデータを読み込みます。

PFLASHデータを保存します。

Pflashデータは、D:/ Program Files(x86)/ Nanning Yanhua / PC-ACDP / WebResource / aliyun / devfile / fromdev / ATmatch / porsche / xxxフォルダに自動的に保存されました。

 

ステップ3EEPROM / DFLASHデータを読み込む

EEPROM / DFLASHデータを読み込みます。

オリジナルのEEPROMダンプデータを保存します。

DFLASHデータを保存します。

ステップ4:新しいキーを追加する

Yanhua ACDPは、IMMO情報、VIN、ソフトウェア番号とキー情報を表示します。

確認し、続行を押します。

ACDP装置の電源を入れたままにしておきます。まずOBP + ICPアダプタとACDPデバイスを切断します。(OBP + ICPアダプター、BCMインターフェース・ボードおよびBCMモジュールを接続したままにしておきます)

ACDPデバイスをBAVキーアダプタに接続し、キーを押します。

元の鍵情報を読みます。

現在のキーID

キーを追加するには有効なキーの位置を選択します。

キー情報を読み、キーをプログラミングします。

新しい鍵を追加した後にDFLASHデータを自動バックアップします。

ACDPデバイス、OBP + ICPアダプタ、BCMインタフェースボード、BCMモジュールを接続します。PINの接続を再度確認してください。

IMMO情報を確認します。

これで、Key06の位置に新しいキーが保存されていることがわかります。

続行を押します。

チップを解読します。

EEPROM / DFLASHデータを書きます。

チップデータを確認します。

キーを追加しました。

Yanhua ACDPは自動的にログを生成して保存します。

BCMモジュールを車両に取り付けます。

新しいキーをテストします。