Yanhua Mini ACDPがはんだ付けなしでVW MQBにスマートキーを追加

Yanhua Mini ACDPがVW MQBモジュールとPCFキーアダプターを追加し、はんだ付けなしでMQBキープログラミングを有効にします。

ステップ1EEPROMとIMMOのデータを読む

VWモジュール  - > MQBプラットフォーム機器  - >NEC35XX(Continental / VDO)搭載機器  - > [IMMO]  - > [自動モード]の順に選択します。

(注:ContinentalとVDO MQBのダッシュボードのみがサポートされています)

Yanhua ACDPホストを車両のOBDポートに接続し、イグニッションスイッチをオンにします。

スマートキーの場合は、キーをステアリングコラム非常始動コイルの近くに置きます。

VINなどの情報を確認します。

EEPROMとIMMOデータの読み取り

読み取り中はダッシュボードが黒くなりますが、正常です。

後で機器を自動リセットします。

EEPROMデータを自動的に読み出して保存します。

IMMOデータを自動的に読んで保存します。

ステップ2キーを書く

Yanhua mini ACDPは車両のVIN、CS、PIN、およびキー番号を検出します。

PCFキーアダプターを挿入します。

1.キーはスマートキーでなければなりません。

2.オリジナルのキーで生成されたキーをオンラインで盗難防止ロックに置き換えることはできません。

作業キーをPCF KEYアダプターの誘導コイルに入れ、OKを押して続行します。

作業キーを正常に読みます。空のスマートキーをPCFアダプタに入れます。

IMMOを書いています。

鍵は正常に生成されました。Continueを押して、車両の鍵を学びます。

ステップ3:キーを学ぶ

1.装置の電源を切ないで、電気ドアの鍵の学習プロセスを切り替えたりしないでください。

2.鍵の習得が失敗の場合、もう一度キーラーニングをしてください。スマートキーをステアリングコラムの緊急始動コイルの近くに置き、[OK]をクリックして続行します。

学び、ロードするimmoの必要なキーの数を選択してください

どちらの鍵も習得する必要があります。鍵番号を選択してください:2

学び、ロードするimmoの必要なキーの数を選択します。

BIFダッシュは1-2を示します、最初のキーは成功を学びます。

2番目のキーを挿入してキーを学びます。

2-2を見れば、2番目のキーは成功に学美増した。

キーラーニングが成功でした。

Yanhua mini acdpは新しいキーデータを自動に保存します。