OBDSTAR X300 DP PlusでHyundai Sonata 2018 8Aスマートキーをプログラマー

方法:OBDSTAR X300 DP PLUSを使用して8AスマートカードキーからPINコードを読み取り、Hyundai Sonata 2018にスマートキーを追加する。

プログラムするオリジナルキーと新しいキー

 

手順:

OBDソケットを介してX300 DP PLUSを車両に接続します。

Diagプログラム - > Hyundai  - > Hyundai v30.63  - > PINコードの読み取り - > PINコードの読み取り(8Aスマートカード)

イグニッションスイッチを入れます。

運転席ドアを開閉します。

データを読みます。

6桁のPINコードを成功に読み取ります。

Hyundai- > Hyundai v30.63  - >車から選択 - >アジア - >中国 - > New IX35  - >スマートキーシステム - >スマートキープログラム

スタートボタンを押して、続行するにはENTERをクリックしてください

イグニッションをOFFにします。

OBDSTAR X300 DP plusは、続行するためにPINコードの入力を求めます。

PINを入力して確認してください

元のスマートキーを5秒以内に「スタート」ボタンの近くに垂直に置き、「スタート」ボタンを押します。

プログラムが成功でした。同じ手順で新しいスマートキーをプログラムします。

リモコンをテストして車を始動します。

完了しました。

 

OBD診断機

http://blog.jobdii.jp/archives/11258