Autel MaxiIM IM608を使ってMini Cooper R56 2014 CAS3のキーをプログラマーする

これはAutel MaxiIM IM608を使用してMini Cooper 2014 Cas3のキーをプログラミングする手順です。

 

IMMO  - > MINI  - > VINを自動検出 - > Mini(ヨーロッパ) - > Smart Modeの順に選択します。

IM608は自動的にイモビライザーシステム、エンジンシステム、トランスミッションシステムをスキャンします。

OKを押して続行します。

キーラーニング機能を選択します。

Autel IM608は車両とecu情報を読みます。

これはミニR56 CAS3です。

情報を確認し、「OK」を押して続行します。

 

ディーラーキーを生成します。

キーを追加し、キー全紛失は現在のCASで使用可能です。

キーラーニングプロセスはデータを取得するためにネットワークを必要とします。WiFi接続を有効にします。

キーをイグニッションスイッチから外します。スマートキーの場合は、車からキーを取り出します。

キーの情報を読みます。

インターネットに接続してデータを取得します。

キーの情報を成功に読みました。

元の鍵データをバックアップします。

キーデータを保存します。

OKを押して続行します。

MaxiIM IM608はキーの数字と位置を入力し、利用可能なキー位置(すなわちKey4)を選択して「Programmer Generation Key」を押します。

鍵の種類を選択して、ここではセミスマート鍵です。

IM608をXP400プログラマに接続し、新しいキーをXP400プログラマカードスロットに入れます。

キーを書いています。

ディーラーキーを成功に生成しました。

キーをイグニッションスイッチに差し込むと、車両が1回始動します。

車両を始動できない場合、または装置にELVが表示されている場合は、状況に応じてELVまたはDMEを同期させてください。

新しいスマートキーを成功にプログラムします。

完了しました。