Autel MaxiAP AP200を使ってChevrolet SuburbanのエアバッグトラブルB0014-0Dをテストする

Autel MaxiAP AP200はAutel会社によってリリースされた新製品です。ほとんどのDIYユーザーは自分の車を診断するために、この商品を購入しています。エンジン警告灯、エアバッグ警告灯など。この記事は、顧客がAutel AP200を使用してGM Chevrolet Suburbanを診断したケースです。

手順:

Autel AP200を車両のOBDポートに接続してから、携帯電話でソフトウェアを実行します。

診断を始める前に、ブルートゥースによって携帯電話とAP200アダプター間の関係を造ります。

それから「GM」を選択します。

「自動選択」を選択します。

今それは車VINをスキャンします、待ちます...

VINを読み取った後、VINをデコードします。

そして、下記のように車の情報を表示されます。

「はい」を押して続行し、「5.3L(L83)」を選択します。

ここで「装備なし」を選択し、次に進むのを待ちます。

サスペンションモジュールは「装備なし」を選び、次に進むのを待ちます。

「診断」 - >「コントロールユニット」を選択します。

「膨張式拘束検知および診断モジュール(Inflatable restraint sensing and diagnostic module)」を選択します。

それからコミュニケーションが構築し、「トラブルコード」を選択します。

その後Autel AP200はDTCを表示します。

B0014-0D:運転席側エアバッグ展開ループ - 高抵抗。

今、「ライブデータ」をチェックするために戻ることができます。

「配置ループ1-14抵抗」を選択します。

これでライブデータの詳細が表示されます。

車に関連する問題を修復するためにライブデータをチェックすることができます。DTCをクリアします。

Autel AP200スキャナの詳細については、こちらをチェックしてください:

http://www.jobdii.jp/wholesale/autel-ap200-obd2-scanner.html